Challenge 25 2025年に向けた長野日本ソフトウエアのVision

Vision

Challenge
  1. 1お客さまの可能性を広げる「IT顧問」になる
  2. 2お客さまの期待を超え、エリアを越え、新たな収益の柱をつくる
  3. 3社員が社章に誇りをもてる会社になる

            Digital Transformation

長野日本ソフトウエア株式会社は、『経営と情報』のプロフェッショナルとして、高水準の情報システム構築技術、コンサルティングノウハウと長年にわたる豊富な経験をベースに、経営革新のデザインからその実現に至るまで一貫したサービスを提供し、数多くのお客様を真の成功へと導く、創造的革新パートナーとしてお客様の期待に応えて参りました。

社会環境、ビジネス環境は、DX(デジタルトランスフォーメーション)への取り組みが加速しており、弊社においてもお客様の創造的革新パートナーとして進化し、ご期待に応えるべく、AI、RPAを始めとする人工知能技術や自動化技術、ローコード開発、クラウドなどの新技術の習得と更なる活用を積極的に推進し、お客様のDX(デジタルトランスフォーメーション)の推進に高品質かつスピーディーに価値を提供できるよう取り組みを推進しております。

このDX(デジタルトランスフォーメーション)への取り組みは、CFT(クロス・ファンクショナル・チーム)の考え方により、社内横断的な体制で推進しており、ITを開発できる人材から、ITを利活用できる「DX人材」を育成するとともに、共創パートナーとの協業による、より広範なサービスの提供にも取り組んでおります。また、当社内の業務においても、デジタル化、データの高度活用による、社内業務の効率化と高度な経営者意識による最適な組織運営・業務遂行の実現に取り組んでおります。

これらの取り組みについて、四半期毎に評価を実施し確実に推進することで、弊社の経営理念である、「お客様に、夢と未来を提供する最適なビジネスパートナー」であり続けて参ります。

長野日本ソフトウエア株式会社
代表取締役社長 矢島 博